エンタメIKKI読み!

畑中ikkiのエンタメブログ!気になったエンタメを独断で紹介していきます!音楽・映画・DTM・アプリ・Apple製品

遂に【iMac Pro】が発表された!!凄すぎるスペックをご紹介!!

どうも、畑中ikkiです!

f:id:IkkiHatanaka:20170606151526p:plain

遂に発表、iMac Pro

WWDC 2017にて、アップル史上最強デスクトップMac

iMac Pro】が発表されました!

www.apple.com

 

ディスプレイ一体型のパソコンとしては、現行最強クラスのスペックを誇る詳細が発表されました。

言わずもがな、iMac史上最強モデル。完全に、iMacをお仕事で使われるプロユーザーのために生み出されたと言っても過言ではない性能です。

 

映像クリエイター・音楽クリエイター・デザイナーなどなど… の皆さんは、垂涎ものですね。ジュルリ。

気になるのが、お値段。

なんと、、、4,999ドル!!(時価 約55万円!!)

5万円の中古パソコンが11台買える値段(笑)なのですが、

この11台を吹っ飛ばす、とんでもスペックなので、お値段以上を期待できます!

 

さて、発表された内容を、見ていきましょう!

 

パソコンの頭脳・CPUがスゴイ。最大18コア、つまり18のことを同時に考えれる!

f:id:IkkiHatanaka:20170606150118p:plain

Xeonと呼ばれる 待望の最強CPUが、標準搭載です。

業務用で使われることを想定された、CPUですね!

8コア・10コア・18コアと、3種類ラインナップされているわけですが

8コアでも十分驚異的な高速処理なのですが、最大18コアを搭載でき、その処理スピードとなれば、音速・異次元・瞬間移動なわけです!これは楽しみ。。

 

卓越したマルチコア処理と優れたシングルスレッド性能のバランスを保つためのパワーと柔軟性を兼ね備えています!とのことで

4Kビデオ編集など、重たい作業もサクサク。

作業途中を定期的に保存・処理する「レンダリング」という工程も 、よりスムーズに、ストレスフフリーになることが間違いないと予想されます。

 

シンプルに、18個のことを、同時に考え、処理できる

聖徳太子越えです。(え?)

 

パソコンの作業台・メモリがすごい。最大128GB増築可能。同時に128のことが出来る。

f:id:IkkiHatanaka:20170606150507p:plain

パソコンに聞きなれない人は、メモリ と言われても、イメージしにくいと思いますが

簡単に言えば、メモリはパソコンのデータ処理を行う作業台です。

 

仮に1GBを作業台1台で、0.1秒に1GBの仕事ができるとしましょう。(あくまで説明用の仮定です。)

1GBは 0.1秒で 1GBの作業量。

128GBは 0.1秒で 128GBの作業量。

シンプルに128倍のスピードでデータ処理を行えるということです。

 

厳密に言えば、128GB分のメモリを全解放するほど、いついかなる時もパソコンに負担のかかる作業が多いわけではありませんが

クリエイターの皆さんは、非常に負荷の多いソフトウェアを使用することが、機会として多いわけです。

 

よって、CPUと相まって、よりストレスフリーを感じられる、ということです。

つまり、サクサク。音速処理。

 

パソコンの表現力・グラフィックボードがすごい。世界最強Radeon Pro Vega。美しくなめらか!

f:id:IkkiHatanaka:20170606151404p:plain

美しいグラフィック処理でおなじみ、Radeonシリーズの最強機種・Radeon Pro Vegaが搭載です。

 

標準装備となった Retina 5Kディスプレイの美しさと連動し、

バーチャル空間を、よりリアルに、より美しく、よりなめらかに表現することが可能になりました。

 

3Dデザインを行うクリエイティヴは、このRadeon Pro Vegaによって、より現実に近い描写で、イメージや作業を行うことが可能になった、ということです。

今話題沸騰の流行技術、VR環境にも対応。

 

Thunderbolt3 が 4つ、USB-C も 4つ。アウトバーンレベルの高速通信が8つも。

f:id:IkkiHatanaka:20170606150502p:plain

高速データ通信でおなじみのThunderbolt 3 が 4ポート 標準装備です。

さらにUSB-C も 4ポート。

 

驚きなのが、これを使えば、5Kディスプレイを2台接続可能。

つまりは高画質3面ディスプレイが可能ということ。

トリプル画面なんて!クリエイターやコックピット好きにはたまらない!!(何)

 

データ転送速度は40Gb/s 超高速にふさわしい速度を実現。

10Gb Ethernet も新搭載。デスクトップ同士でファイル共有したり、高性能なネットワークストレージで作業するのに、最大10倍高速通信可能ということ。

 

つまり、スピードが桁違いなのです。

人が感じるストレスの9割は「遅い」ということ。

もう、分かりますね!

 

まとめ。クリエイターは、買い換えるなら、コレ一択。

f:id:IkkiHatanaka:20170606150454p:plain

 

この発表を待っていた。。

2011年モデルのiMacを大切に使っているikkiも、ソフトウェアのアップデートで、少しずつ処理の遅さを痛感していました。。

 

2017年12月に購入したとしても、その先5年は間違いなく使うと考えると

この先も通用するであろう最新技術が、一台に完全凝縮されている印象でした。

100%元取れるクリエイターさんは、間違いない1台だと思います!

 

12月の予約フォームオープンが、今から楽しみです!!